Logic and Metaphysics

アクセスカウンタ

zoom RSS フリッチョフ・シュオンとは?(Wikipediaより)

<<   作成日時 : 2009/09/05 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
画像

 フリッチョフ・シュオン(1907/6/18−1998/5/5)は、スイスのバーゼル、ドイツ系の両親の下に生まれた生粋のスイス人である。彼は、哲学者、形而上学者、宗教と霊性に関する多くの著作の著者として知られている。
 シュオンは、哲学、霊性、宗教の権威、永遠宗教(Religio Perennis)の解説者、永遠学派(Perennialist School)の主要な代表者の一人と理解されている。彼は公式にはアカデミックな世界に加入したことがないが、彼の著述は学門的、哲学的学術誌において、比較宗教学や霊性の学者たちに注目されてきた。現代のアカデミックな世界の相対主義への批判は、彼の教説の主要な側面のひとつである。その教説においてシュオンは、絶対原理、神への信仰を表明している。神とは、宇宙を支配し、死後私たちの魂が帰還する者である。シュオンにとって、偉大な啓示は、この絶対原理である神と人間とを結ぶものである。彼の大部分の著作はフランス語で書かれている。晩年、彼は詩集を母語であるドイツ語で編んだ。彼のフランス語の論文は約二十冊ほどにまとめられ、後に英語や他の諸言語に訳されている。


Frithjof Schuon:Wikipedia(English)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フリッチョフ・シュオンとは?(Wikipediaより) Logic and Metaphysics /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる