Logic and Metaphysics

アクセスカウンタ

zoom RSS ルネ・ゲノン『ヴェーダンタによる人間とその生成』(Wikipediaより)

<<   作成日時 : 2010/04/23 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『ヒンドゥー教研究序説』は、その諸目的の中に、東洋の知の研究を開くために必要な知的基礎を提供するというものがあった。ヒンドゥー教研究は、『ヴェーダンタによる人間とその生成』に引き継がれ、そこではヴェーダンタに基づく人間の確立という特定の観点が取り上げられている。ルネ・ゲノンが言うには、彼の目的はすべてのヴェーダの教義の体系的解説(「それはまったく不可能な仕事だ」)ではなく、この教義の特定の点について思考すること(この場合は、のちに形而上学の他の側面を熟考するために人間を定義すること)である。
 まずはじめに、ヴェーダンタの本質、「ヴェーダの締めくくり」としてのその深い意味、並びにシュルティとスムルティの伝統的意味を精密に分析する。

シュルティとスムルティの区別は、根本的に、瞑想的智的直観と反省的意識との区別と等しい。前者が「聴く」の原始的意味を負う語によって描写されるとすれば、これはまさに、その直観的性格を示すためである。ヒンドゥーの宇宙論の教義によれば、音は諸感覚において原始的位置に属するからだ。

 ミーマンサ(プルバ・ミーマンサ、ウッタラ・ミーマンサ)、ウパニシャッド、ブラフマ・スートラなどの根本テキストが、ヒンドゥーの宇宙論とともに並置され、それらの起源に関連する「作者」という世俗的観念に対する「智的機能」という観念が提示される。
 それから、「真我」「非顕現」と普遍的「顕現」の考察が導入される。「普遍的顕現」とは、存在するすべてのものであり、その展開は、運命に向かって継続的に前進する存在である。「非顕現」とは、普遍的顕現を超えるすべてであり、それゆえ、否定によってしか説明されえない。第2章もまた、「真我」と「我」、もしくは「人格」と「個人」の根本的区別を確立する。前者は「絶対的現実」である唯一の存在である。これらの考えは、まずもって、思考された異なった現実の諸段階に応じて、また、瞑想されうる「超越的」そして「内的」な観点からも、様々に区別されるようになる。イーシュワラは「神的人格」もしくは、普遍的顕現の原理である。それは非顕現である。というのも、顕現の原理はそれ自体顕現されえないからだ(これは「黒頭」の象徴と関連している。イシュワラの頭は「暗闇」の中にある)。アートマ、パラートマ、ブラフマー。何であれ存在するものと関連する真我は、実際アートマにほかならないという理解が、ヒンドゥー教における「解脱」という教義の核心である。この教義はイスラーム・エソテリスムにおける「究極の一致」(つまり、ヒンドゥー教ではアートマとブラフマーの一致)とまったく同じものである。

「究極の一致」という表現はイスラーム・エソテリスムから借用した。この点そして他の多くの点においてイスラーム・エソテリスムの教義は、形式において大いに違うけれども、根本的にヒンドゥー教の伝統と同じである。

 もし「究極の一致」(あるいは「モクシャ」すなわち「解脱」)が、現成によって可能なのであれば、それがなぜなのかといえば、まさに人間存在の心髄(身体の器官と混同しないように)においてブラフマーの旅(ブラフマ・プーラ)が見いだされるからである。
 人間存在の中心にあるのは、プルシャ、すなわち、人間の内にあると考えられるブラフマーである。プルシャは、顕現を生み出すために、他の原理との関連に侵入せねばならない。そうした侵入は、プルシャの最高度の側面に関してはまったく存在しないものではあるが。というのも、真実には、相対的な意味において以外には、究極原理以外の他の原理は存在しないからである。この場合プルシャと相関するものはプラクリティである。それは未分化の根元的質料であり、女性性として表現される受動原理である。プルシャ、もしくはプマスは、能動原理であり、男性性を表す。これら二つは、それら自身は未顕現のままにとどまるけれども、すべての顕現の二つの極である。これら相補的諸原理の統一が、個々の人間存在の統合的発展を生み、それは相対的に個々人に適用される。そこから、個々の顕現のすべての諸段階が説明され、名づけられる。とりわけ、タンマトラス、心すなわち、内的外的な諸能力を調整する役割を持つマナス、そして目覚めの状態、夢の状態、深い眠りの状態の諸区別が。
 すべての真の精神的道の究極的目的である「最終解脱」もしくは「究極の一致」に至るまでの、諸個人の諸能力の死後の状態への、または精神的な実現過程への再吸収の記述で終わる。


http://en.wikipedia.org/wiki/Ren%C3%A9_Gu%C3%A9non



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルネ・ゲノン『ヴェーダンタによる人間とその生成』(Wikipediaより) Logic and Metaphysics /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる